遊びを通して豊かな感性と鋭い追究力を育てる。
遊びを中心に子どもの成長を促します。

日本幼児教育センターでは、2才から就学前まで、一貫した保育理念のもとにそれぞれの発達段階に合わせた保育を実践しています。
子どもたちの成長に合わせたカリキュラムで、その時期の発達を完全燃焼させて、相応の成熟を遂げることが次なるステップへの前提となります。日本幼児教育センターでは子どもの発達に即した内容を、適切な時期に適切な方法で行う、つまり「潮時」をとらえた保育を行っております。
また、保育方法として、遊びを中心に子どもたちのまわりにある身近な存在(自然、社会、言葉、具体物など)を根幹とした事物教育を行い、その保育の中で、個と集団の関係を意識することで、子どもの自立を促すようにしています。
基本クラス以外に多くの講座や発育検査などを独自に行っております。ご興味のある方はお問い合わせください。


新着情報
2017/10/18 2018年度 新年中児クラス募集中
2013/10/08 2014年度 新年少児クラス募集中

お問い合わせ